惰性

毎日、中途半端に過ごしてしまっている。

とりあえず、課題をやって、進捗報告があるからそれに向けて準備をして、ゼミの発表があるからそれの準備をして、学会の申し込みの要旨の締め切りがあるから下書きを書いて。

義務感や締め切りのみが原動力になっている。こんなもんじゃないはずなのに。もっと、内側からあふれてくる気持ちに押されて行動したいってずっと思っているのに、それができるのは限られた時間だけで。

本当に、自分がやりたいことって何なのか、またわからなくなってしまっている。海外の院に行ってみたいのは変わらないけれど、正直言って、まず無理。日本語で、かつ環境自体劣悪ではないこの状況ですらまともに戦えない、自身が精力的に活動できていないのに、海外なんてちゃんちゃらおかしいし、残された残り一年程度で行くのに必要な要素をそろえられるはずがない。

残り半月で学会の要旨の提出。これが全くもってできていない。大きくはない学会。だけれども、初めての学会。ここでポスター賞取れなかったら、引くべきなのか。絶対ポスター賞を取る、そのつもりで残りの半月、研究はやる。

まだ自己同一性が確立されていないことが恥ずかしい。けれど、とにかくやっていくしかない。

 

そういえば、やることは決まっているけれど、やらないことを決めていないために、時間が足らず、やるべきことがやれていない。まずは、今月の残りの時間、これだけは絶対やらないと決めた。まとめサイトの閲覧、通知されたもの以外のSNS閲覧。これだけでもずいぶん変わるなぁ。きっと。

まずはこの半月。やるだけやってみよう。